奈良の詩(ならのうた)

奈良を愛するみなさんのつぶやきを元に、MC Onochanに奈良〜な曲を作ってもらいました♪
みなさんの奈良への熱い想いを、温かみのある郷愁の曲に乗せてお届けします。企画の構想から早3年…。とっても素敵な曲に仕上がりましたので、ぜひぜひお手に取って聞いてみて下さい(^▽^)!!

※CDの売り上げは全額奈良の為に寄付させて頂きます。



ジャケットデザイン:mahono(ヨシノ)
みんなのつぶやきが音楽になりました♪

奈良の詩



1.奈良の詩
2.奈良の詩(カラオケVer)


【販売価格】¥500(税込み)

2014年-月-日より「うどんカフェ三和」にて販売開始致します。

「mahono shop」で購入する(準備中)
「iTunes Store」で購入する(準備中)


twitterで奈良を愛する皆様にハッシュタグ「#ilovenara」をつけて「奈良のいいところ」をどんどんつぶやいてもらいました!
たくさん集まったつぶやきから歌詞をつくり、メロディーをつけ「奈良のいいところ」を音楽にしました。
作った音楽をCDにして販売し、売り上げを奈良の為に寄付するのがこのプロジェクトの目的です。





<みんなのつぶやきを見る>


売り上げ金の寄付について

CDの売り上げ(制作費を除く)は全額奈良の為に寄付させて頂きます。
寄付先に関してはネット上でアンケートをとった上で、決めさせて頂きたいと思っております。
寄付先や、金額等は決まり次第このページでお知らせ致します。

試聴




歌詞


『奈良の詩』

作詞:OnoChang・奈良を愛する皆様 / 作曲:OnoChang / 歌:OnoChang


今、悠久の時を超えて語り継げる
かけがいえのない宝 この町のまほろば
さあ、つぶやこう
幾千年の間つまった想い
さらに遥か未来までも I LOVE “奈良”と

Na ra ra… Na ra ra…

この町に生まれたわけじゃないけど
「帰ってきた」と感じる我がふるさと
日本最初の首都・最古の都が眠ると云われるこの地の上で

神道や仏教の原点残る各所にパワースポットが存在する中
人も建物も心も時間も優しくゆったりと流れる

専門家が頭抱えるほど多くの宝ここにあり!
歴史的遺産・伝統文化とそして共に生きてきた人たちの温もり  

それは遡る事 神話の時代から 続く淡い古代日本の香り
手を合わせたくなる風景 世界に見せたい日本の心

車窓から朱雀門が見えた瞬間のハンパないワクワク感
東大寺の大仏様は圧巻 心おおらかになるこの距離感

今の時代に生きていて… 
だからいける場所・見られるものがあって…
ここに行くといつも思うんだ。
それには何か意味があるかもしれない

今、悠久の時を超えてよみがえる
“青丹よし”と愛されたこの町のまほろば
さあ、伝えよう
古から現代につまった想い
さらに遥か未来までも I LOVE “奈良”と
Na ra ra… Na ra ra…

この町の名に親しむ真心 まさに文字通り「良」いところ
日本の時代に県の名残す それは「大和」から受け継ぐ誇り
春日お墨付き神の使い 神鹿はキュートなアイドル
たまに白い鹿に会ったらご利益あるかも オヤツ代150円

自転車に乗ってミステリーツアー 飛鳥巡る古代のロマン
あれは山かと思ったら古墳だったてのはここじゃよくある話

All time any season!春夏秋冬!花のお寺は多いけど
ここは何気ない道端にまでちゃんと根付いてる日本の季節

朝焼け夕日夜景と七変化 若草山は常に絶景かな
興福寺の五重塔は圧巻 阿修羅様もおわすこの神秘感

美景に見とれたら気づけば 花鳥風月に五感が敏感
歌に心託した人々の思いを自分も継いでいるのかもしれない

今、悠久の時を超えて語り継げる
かけがいえのない宝 この町のまほろば
さあ、つぶやこう
幾千年の間つまった想い
さらに遥か未来までも I LOVE “奈良”と

はるか昔の人々がこの地で笑ってた…
だから今この瞬間僕たちが笑ってる…
さあ、届けよう
未来のこの地で笑い絶えぬように
とびっきりの愛を込めて I LOVE “奈良”と…

I LOVE Na ra ra…  I LOVE Na ra ra…




楽曲制作者紹介


MC Onochang

少年なら誰もが夢見た"ヒーロー"

この世知辛い世の中に元気を与えるヒーローのような存在をコンセプトに活動するエンターティナー。ラップに乗せた多彩且つ軽快な楽曲はHipHopやpopsというジャンルに捕らわれない"Onochang pop"という新たなジャンルを追求し制作されている。彼が着ている赤いツナギの作業服は「厳しい現実が存在する中にも希望と元気を与えるヒーローも存在する」という 想いの象徴。

2003年、自身の事を歌った「ITAしゃあない」を制作した事で、"Onochang pop"の礎が築かれて以来様々な楽曲を制作。
2005年には屋台味「よってこや」CMタイアップソング「BOOちぃふるないと」を手掛ける。2007年、音楽仲間と結成したゲームBGMアレンジ同人サークル「時をかけるアイツ」にて 制作したゲームのキャラクターソングはニコニコ動画にて10万回再生を超える作品となった。2008年、ライブステージエンターティメントを図るべく、2回限りで結成されたバンド「Bu_Bi Terapper」にて"Onochang pop"の新たな一歩を踏み出す。2009年、NGO団体「ア∞ス」が展開する「ア∞ス戦隊ゴミ拾いレンジャー」の主題歌を制作した事で現在のMC OnoChangスタイルが形成される。

2013年、MC Onochangは心機一転し、さらなる"OnoChang pop"を世に広める為、今日も歌い続ける。


>>MC Onochang 公式WEBサイト



「奈良の詩」制作にあたり、ご協力頂いた全ての皆様に感謝致しますm(_ _)m!



Copyright (C) mahono. All Rights Reserved.

inserted by FC2 system